神戸流「地産地消」。生産者とお客さんとの縁をつなぎ、共に発展していきたい。

イタリアンレストラン クレイド

神戸育ちの新鮮な野菜をはじめ、神戸の新星ブランド牛や希少価値の高い極上ポークなど。「美菜イタリアンとワイン」をコンセプトに、国産や地産地消にこだわったメニュー展開が話題の「クレイド」。彩り豊かな本格イタリアンを、ソムリエ厳選のワインと共にアートな空間で堪能できます。
す。

【おいしい料理を作っているのはこんな顔】
 神戸生まれ、神戸育ちの内田辰彦シェフ。「地元生まれのおいしい食材をどんどん使って、生産者の皆さんと一緒に成長していきたい」その想いの原点は、最初に扉をたたいたフレンチの世界で自然に根付いていた「地産地消」の仕組みを、大好きな街・神戸から発信したいと思ったことだそうです。さらに、兵庫県知事賞を受賞した「王様トマト」で知られる安尾農園のオーナーと旧知の仲だったこともきっかけになり、神戸市内はもちろん、淡路島や兵庫県北部エリアまで、ものづくりに情熱をかける様々な農園や牧場、直売所との縁が少しずつ広がっていきました。
「地産地消野菜のルーツがひと目でわかり、生産者皆さんの想いが伝えられれば」そんな願いをこめて作ったオリジナルの「神戸美菜(み~な)マップ」は、野菜や果物、顔写真やコメント入りの楽しいツール。神戸の農産物を使った料理を味わいながらの気軽な交流会の開催など、今までにない一歩踏み込んだカタチの地産地消を展開しています。

【ワインに合うおいしい一品はこれ】
・六甲牛リブロースのタリアータ 1,500円(税込)
 神戸発の「六甲牛」。黒毛和牛とオーストラリアのアンガス種から交配された、神戸牛牧場生まれの新しいブランド牛です。黒毛和牛ならではの脂の甘さと、アンガス種がもつ赤身部分の旨さのバランスが絶妙で、スタンダードな神戸牛に比べてあっさりと食べやすく、コストパフォーマンスが良いのも特徴。地元産の新鮮な野菜のソテーと共にじっくり味わいたい一皿です。
 他にも、六甲牛のローストビーフの上にトロ~リ濃厚玉子の黄身をアクセントにした「六甲牛のお月見ローストビーフ」は、淡路島玉ねぎの特製ソースを添えて。希少価値の高い「神戸ポークプレミアム」も積極的に取り入れた、シェフの独創性が光る一品の数々はワインにぴったりです。

淡路産玉ねぎをはじめ、旬の野菜が8~10種類楽しめるカラフルな一皿は女性に人気です。

大きな窓は開放感たっぷりで、忙しい日常を忘れてホッとしたひとときが過ごせます。

ソムリエ厳選のワインは約50種類のラインナップ。お料理に合わせた一杯をカジュアルに楽しめます。

生産者さんが心をこめて作った野菜を、その想いと共にゲストにお出ししています。

広めのカウンターの上には、小粋な黒板のメニュー。本日のおすすめも気軽にたずねてみては。

神戸在住のアーティストが描いた壁画。お洒落な空間でおいしい料理とワインが進みます。

イタリア料理 クレイド

〒651-0086 
神戸市中央区磯上通 8-1-23 SOGO WING3階
TEL:078-261-0597
営業時間:11:00~22:00 (L.O 21:00)
定休日:不定休

・JR神戸線「三ノ宮駅」、阪神「神戸三宮駅」から徒歩約4分