しっとりと落ちついた和の空間でいただく本格日本料理

不動坂 菊地

北野は不動坂に店を構える懐石・会席料理の「不動坂 菊地」。竹垣の扉をすっと抜けると、凛とした空気の流れる石畳が迎えてくれます。ここは知る人ぞ知る、特別な場所。伝統的な京料理の技術で季節の素材の持ち味を生かし、格調高い料理へと昇華させます。整然とした清い店内、きちんと並べられた食器や調理器具には、丁寧な心配りを感じます。

【おいしい料理を作っているのはこんな顔】
 京都の料亭で料理長を務め、神戸ポートピアホテルで更に経験を積んだ菊地真希さん。食材はなるべく近郊のものを中心に、市場や顔を見知った農家さんから仕入れを行なっています。「前もってメニューを考えることはしないんですよ」と、毎日のように市場へ足を運び、その日一番の食材を吟味しつつ料理を組み立てていくのです。「神戸産の野菜も取り入れていきたい」と意欲的です。

 極力宣伝などは行なわないのが「不動坂 菊地」流。それだけにお客さんの多くは長く通っている地元の人たちです。「お客さんの顔や苦手なものは憶えています」と菊地さん。古くからの常連を大切にしているから、紹介で人の縁がつながっていくのですね。包丁さばきだけでなく、蒸し器や焼き場など、調理の全行程が見えるオープンキッチンは、てらいのない誠実な料理長とお客さんとの信頼の証しかもしれません。料理長の繊細な技を間近で体感できるのも、贅沢な愉しみです。

【ランチ】
・お昼の松花堂
・季節の御膳
・天麩羅御膳
・お造り御膳
・お昼のコース ※4,200円以上のコースは要予

【ディナー】
・不動坂コース
・北野坂コース
・生田川コース
・一品料理


【ドリンク】
 特に力を入れているのは、兵庫県産の地酒のラインナップ。灘のものを多く仕入れています。秋はひやおろしなど、季節限定の地酒も。
本格的な和食を作りつつ、ワインやシャンパン、ビールも置いています。お客さんが求め、美味しく食べていただけるのなら「和食だから、日本酒でないとだめ!なんてことはありませんよ」と、菊地さん。正統派の料理を作りつつ、柔軟な心意気を持っているのも魅力です。

非日常の空間を演出する石畳に導かれ、のれんの奥へ。

厨房の生けすには、出番を待つサザエやアワビの姿が。

右手の焼き場や、奥の蒸し器まで、厨房の様子を全て見ることができます。

個室は2部屋。ゆったりと2~6名でも、2部屋を合わせて15名ほどでも使用可能。

人気のおせち料理は品数豊富で大変豪華です。

北野坂を右手に曲り、少し歩くと見つかる大人の隠れ家。

不動坂 菊地

神戸市中央区中山手通1-20-15 メゾンド山手101
TEL&FAX:078-200-5900

営業時間:ランチ11:30~14:30(LO14:00)、ランチコース(LO13:00)※4,200円以上のコースは要予約
ディナー17:30~22:30(LO22:00)
定休日:不定休

・JR神戸線「三ノ宮駅」、地下鉄山手線・神戸市営地下鉄「三宮駅」から徒歩約10分