厳選した素材、美しい彩り、神戸で食べる伝統的なフランスの味

ビストロ近藤亭

北野坂に面したビルの2階にあるクラシックな雰囲気のビストロ。素材・料理法ともに伝統的なフレンチのスタイルを踏襲し、シンプルな美味しさを追求しています。「料理は素材から」をモットーに、厳選した旬の食材を取り寄せ、丁寧に仕上げたひと皿ひと皿が光ります。


【おいしく料理するのはこんな顔】
オーナーシェフの近藤弘康さんは、かつては地元神戸の生産者と関わる機会があまりなかったと振り返ります。2012年に始まった、神戸の農水産物を学生と協力して商品化する「KOBEにさんがろくプロジェクト」をきっかけに、「地産地消をもっと進めたい」という思いが強くなりました。近郊農家との交流が増えれば、「直接話すことで、素材のよさを深く知ることができ、料理へのヒントにもなる」と、今後の生産者との出会いに期待しています。
世界各国のワインが並ぶ近藤亭のワインセラー。ワイン好きにはたまりません。ワインの選び方がわからない人は、好みを伝えてスタッフに選んでもらいましょう。日本ソムリエ協会認定シニアソムリエでもある近藤さんは、「神戸ワイナリー」の新しいロゼワイン「花珠」の開発にも加わり、この神戸で様々な美味しいコラボレーションを進めています。

【おいしい料理】
ビストロの斜め向かいに直営のキッシュ専門店があります。家でも近藤亭らしいものを食べてもらえないかと考えて行きついたのがキッシュだったのです。日本では家庭でキッシュを作る人は少ないですが、フランスでは身近なおふくろの味。ビストロの料理を詰め込めば、その味は何通りにも広がります。キノコ、カボチャ、ホウレンソウなどはおなじみですが、神戸らしいイカナゴのくぎ煮、そばめしなんていうのも登場。キッシュは卵がベース、「だったら醤油やソースでも合うに違いない」との発想からでした。オリジナリティあふれる具材に驚いていると、「キッシュは万能です」と近藤さん。はい、たしかに納得の味でした!

クラシカルな雰囲気の店内では、とびっきり上質な時間が流れています。

テラスでは、赤ワイン用のぶどう「メルロー」などが育っています。

北野坂から見上げると、窓の赤いテントとぶどうの植木が目じるしに。

直営店「きっしゅや」で、オリジナルキッシュのテイクアウトができます。

野菜、肉、魚にいろんなソースを組み合わせられるのがキッシュの魅力。

「料理に合わせたワイン選びは気軽にご相談ください」とお店の皆さん。

ビストロ近藤亭
〒650-0004 神戸市中央区中山手通1-22-13 ヒルサイドテラス 2F
TEL:078-262-0620

営業時間: 11:30~14:00(LO)、18:00~22:00(LO)
定休日:月曜(祝日の場合は翌日) 

きっしゅや
〒650-0003 神戸市中央区山本通1-7-5 メゾンブランシュ地階
TEL:078-232-0620
営業時間:テイクアウト 11:00~23:00、Bar 18:00~24:00(LO22:00)
定休日:月曜(祝日の場合は翌日) 

・JR神戸線「三ノ宮駅」、地下鉄山手線・神戸市営地下鉄「三宮駅」から徒歩約10分