海の見える街のちいさなケーキ屋さん。

patisserie Agricole(パティスリーアグリコール)

お散歩途中にも気軽に立ち寄りたくなるかわいいケーキ屋さん。地元の野菜や果物を使ったヘルシースイーツも人気です。

『おいしいお菓子をつくるのはこんな顔』
オーナーシェフの奥田 義勝さんは、元々レストランにて西洋料理を学んだ後、パティシエになられた異色の経歴の持ち主です。
神戸では、有名店の「御影髙杉」や「モンプリュ」でフランス菓子を中心に技術を修得し、東京では、有機野菜スイーツ専門店「パティスリー ポタジェ」に野菜スイーツを学びました。
2014年9月に、思い入れのある神戸で、ご家族が生活しやすい環境を考え、海の見える眺めの良い場所にお店をオープンしました。
店内には、今まで培った経験を活かし、フランス菓子、創作菓子、お野菜を使ったお菓子など・・・子供から大人まで楽しめるいろいろなスイーツが並んでいます。素材にこだわりを持ち、地元の野菜や果物も積極的に使っておられる奥田シェフは、2015年7月20日(月・祝)に開催した神戸おいしい顔プロジェクトの『スイートコーンでおいしい顔in大沢町』では、「焼きモロコシサブレ」と「畑のシフォン」をお作りくださり、お客様にも大好評で、イベント終了後も店頭の人気商品となりました。
2015年10月18日(日)には、神戸ワイナリーで開催された『神戸マルシェ』の「神戸おいしい顔PROJECT」ブースにて、神戸スイーツ&神戸ジュースをご提供いただきました。神戸市西区産のいちじくを使ったタルトや垂水漁港の直売所に売っている神戸産のワカメを使った「十穀米とチーズの磯サブレ」も販売。どちらも店頭でも販売。数種類あるサブレは、おやつとしてもお酒のおつまみとしてもオススメです。

『シェフのイチオシ』
神戸市西区のキャルファームさんのミニトマトを使ったスイーツ「トマトのショートケーキ」もロングセラーで、トマトの季節になると登場します。(12月~4月頃)
見た目もとってもかわいらしくて、食べるのがもったいないくらい。このケーキのこだわりポイントは、なんといってもキャルファームさんから届く新鮮でジューシーな数種類のミニトマトです。野菜スイーツは苦手と言う方もこのショートケーキを食べれば考えが変わるかも知れませんよ。

『将来の夢』
人とのつながりや感謝の気持ちを大切にされる奥田シェフの将来の夢は、自社農園を作り、オーベルジュをオープンさせること。
そこは採れたての野菜を使ったお料理やシェフの想いの詰まったスイーツを思う存分楽しめる場所です。
奥田シェフの夢が詰まったオーベルジュには、出来たてのおいしい物がたくさん並び、地元の方にはもちろん、遠方の方にも愛される素敵な憩いの場所になりそうです。
また、現在、食の総合専門校 レコール バンタンの製菓講師としても活躍中で、後進の育成にも積極的に取り組んでおられます。

お店はやさしい緑色で農作物やヘルシーな雰囲気の優しい外観。

スイートコーンイベントで開発されたとうもろこしシフォンケーキ。ふわふわで、とうもろこしの香りが楽しめます。

神戸マルシェ2015では、神戸STARSさんや甘果園さんとハロウィンムードで楽しく販売。

おつまみにもぴったりなサブレ。中央下:神戸産のワカメを使った十穀米とチーズのサブレ、右上:タマネギサブレ、左上:ゴボウとチーズサブレ。

見た目もかわいい焼きドーナツ。右より小松菜、ハイビスカス、黒ゴマ味。ヘルシー&オイシーですよ。

夏場は、ソフトクリームもあり、お散歩途中に立ち寄るご近所の方もしばしば。

アグリコール (Agricole)
〒 655-0039
神戸市垂水区霞ヶ丘5-1-26
TEL:078-754-9055

営業時間:10:00~19:00
定休日:不定休