料理を通して、お二人のメッセージをゲストに届けたい。

ラヴィマーナ神戸

神戸空港から西へ少し足をのばすと、そこには解放感に満ちた海辺のリゾート『ラヴィマーナ神戸』があります。目の前に広がるビーチとヤシの木が、慌ただしい日常を忘れさせてくれます。そして、レストランでは特別なメニューがご用意されています。

『おいしく料理するのはこんな顔』
総料理長の津田 貴幸シェフは、神戸ポートピアホテルで宴会調理5年、レストラン調理で5年間洋食を学び、神戸のレストランなどを経て、2008年の『ラヴィマーナ神戸』オープンから腕をふるい、2015年より総料理長として、ここに集まるゲスト全員に喜んでいただけるお料理を提供しています。
西宮出身の津田シェフが、料理を始めたのは神戸。この街は、海と山がありとても住みやすい街であると同時に、ラヴィマーナ神戸で結婚式を挙げる方にとっても特別な場所となります。シェフには、地元の食材を使って、神戸の魅力をもっとお客様にも知っていただきたいという思いがあります。

『特別メニュー』
料理やデザートは、ウェディングの主役ではありませんが、美味しい物を食べた記憶は、主役のお二人にとっても、招かれたゲストにとっても大切な思い出となります。
“一生忘れられない料理”を目指して、お二人の夢や希望が詰まった一生に一度だけの特別なメニューをお作られます。
集まった全ての人の心とお腹を満たすのは、素材本来の味を最大限に活かす為に、生クリームやバターを出来るだけ少なくして、日本の食材や技術を盛り込んだ食べやすいお味のフランス料理「フレンチ・ジャポネスタイル」。そこに会席料理の献立を取り入れたのが、RAVIMANA “KAISEKI”です。胃もたれをしない様にと考えられた人に優しいお料理です。
地元兵庫県産の神戸ポーク、神戸ワインマスタード、明石だこ、のり、新鮮な野菜や果物など、より良い食材を探し、お取り寄せしています。

『心に残るスイーツ』
パティーの最後を締めくくるデザートは、お腹いっぱいの人をもう一度笑顔にする魔法。
お客様の期待よりちょっと上をいく美味しいデザートを目指して作られます。
幸せなひとときに、さらなる感動を与えるスイーツをお届けしたいという願いをこめて・・・。

「Blue Bijou(青い宝石)」と名づけられた、水のチャペル。お二人の幸せがきらきらと水面に輝きます。

解放感のあるテラスからビーチを眺めながらゆったりと過ごせる都会とは思えない楽園があります。

神戸空港のすぐお隣なので、飛行機がすぐ近くを飛んでいくのを見られる事も時々あります。

記念日には、普段食べられない高級食材で非日常を演出します。

お腹いっぱいでも思わず手がのびる魔法のスイーツ。

毎年、暖かい時期には須磨水族園から放しているウミガメがビーチにやってきます。

ラヴィマーナ神戸
〒650-0048
兵庫県神戸市中央区神戸空港8番2号
TEL:078-306-1515(代表)
TEL:078-305-1519(レストラン)

受付時間:10:00~19:00
定休日:火曜日