広大な敷地で多品種栽培を行なっています。果物を知り尽くした果樹園ならではのソースやゼリーも販売中。

牧場のオリジナルブランド「神戸ポーク」。六甲の水と自然、人の愛情が生む味は、地元でも広く支持されています。

市場にはめったに出回らない『二郎いちご』。一度食べたら忘れられない瑞々しい甘みに魅せらたリピーターも多く、足を運ぶ人が途絶えません。

新規就農の可能性を探り、珍しい品種を積極的に栽培。小規模だからこそ、手間を惜しまずニーズに応える農業を行なっています。

須磨浦地区の漁師が集まり2014年に組合が設立されました。組合全体で一日に約15万枚もの海苔を製造しています。

粘りのある土質を生かし、ブロッコリーやキャベツなど重量物を栽培しています。海外出荷予定というフルーティーないちごも見逃せません。

大型のハウスに最新の機器を導入し、パソコンを用いてハウス内の環境や作物の状態を管理。農業を志す人を増やしたいと、新しい方法に取り組んでいます。

『太山寺いちご』のブランドを守りつつ、高設栽培やイスラエルの点滴灌漑システムなど、新しい方法を積極的に取り入れ、神戸のいちご栽培全体の活性化に貢献しています。

神戸の地に生まれ、100年の歴史をもつ老舗製粉所。古き良き伝統をしっかりと継承しながら、「兵庫県産小麦粉シリーズ」の開発など、新たな分野にも果敢にチャレンジしています。

農薬、化学肥料を極力減らして大切に育まれた「神戸米」。誰もが安心して食べられる神戸発のブランド米には、若き二代目の「食」への真摯な想いが込められています。

稲作から精米、そして販売まで一貫して行なう"米の6次産業"を行なっています。人気は真心込めて育てる混植栽培米。

「神戸リリー」と呼ばれる3種類のユリやチューリップなど、淡河の花は色が鮮やかで姿が美しいのが特徴です。

甘くて果肉の密度が高い大ぶりのイチゴが人気の竹内農園。田んぼではコシヒカリ、畑ではキャベツを中心に野菜を育てています。

農業の革新に果敢に取り組む若手農家。消費者の声に耳を傾け、ニーズに応えるべく挑戦を続けています。

青々と勢いよく背を伸ばす葉物野菜たち。その秘密は土壌を元気にし、微生物を活性化させる「電子技法」にあります。

神戸で水揚げされる魚介類のこと、ご存知ですか?いかなごだけじゃない、神戸の海のおいしいモノを届けています。

マニュアルのない農業の未来を描く、若き農業家が活動中。トレードマークは、栽培するトマトにちなんで赤いキャップ。

もしかしたら、いちご狩りに行ったことがあるかも?神戸のいちご収穫体験でも有名な農園です。