食と人の輪を広げて、たくさんある好奇心を満たしていきたい

今堀恵理さん

スラっとした長い手足に、吸い込まれそうな大きな瞳。モデルとして神戸を中心に活躍中の今堀恵理さんは、学生の頃から読者モデルとして、有名なファッション雑誌に登場。ファッションや美容、グルメにと好奇心がいっぱいに活動を広げています。

【おいしく食べるのはこんな顔】
「好きになったらとことんハマるんです」と、20代前半に習い始めたケーキ作りは、本場のザッハトルテのレシピを求めて、オーストリアのウィーンまで習いに行ったほど。パリやロンドンでも気になるケーキはチェック。その味を再現したり、もっとおいしくできないかとオリジナルのレシピを考えるのが、「とにかく楽しい」という今堀さん。
モデルの仕事で出会った友達やパティシエ達とも交流を深め、パーティに呼ばれることも多く、さらにおいしいもの好きのネットワークが広がっていきます。
そして縁があって、芦屋の「An Dolce(アンドルチェ)」でパウンドケーキをプロデュース。伝統を大切にしながら新しいものも取り入れている街、神戸をイメージして、十勝産小豆と有機のマロンペーストを使った、和洋ミックスしたレシピを提供。数が作れないのですぐに売り切れてしまうけれど、時々ナナ・ファーム須磨でも販売されます。

【大好きな食とファッション】
今堀さんは、トアロードにあるイタリアのセレクトショップ「JIGSAW(ジグソー)」のスタッフとしての顔も持っています。ここでも好奇心を発揮! 持ち前のセンスでコーディネートを提案しながら、お客様といろんな情報を交換。友達になって女子会を開いたり、友達同士をつなげたりして、また新たな企画が動いていきます。
そして今一番、興味をかき立てられているのは「香道」。作法をもとに香木を焚き、香りを鑑賞する伝統的な芸道です。ゆっくりとひとつひとつの作法を行い、香りを聞く(香道では香りを「嗅ぐ」ではなく「聞く」という)と心が落ち着いて幸せな気分になるそうです。普段、忙しくしているからこそ、こんな時間が大切なんですね。

スイーツもパンもお酒も、そしてなにより「人」が大好きな今堀さん。いろんな人から刺激を受けて、新たな好奇心を生み、大好きな食とファッションについて「情報発信をしていきたい」と大きな瞳を輝かせて語ってくれました。

カウンターに座る美女として、サンテレビ「カツヤマサヒコSHOW」に第一回から出演。

「An Dolce」で販売中の今堀さんレシピのパウンドケーキ。すぐに売り切れるので見つけたらラッキー。

手作りのタルトは甘さ控えめで小ぶりなサイズ。甘い香りがたまりません。

お友達と華やかな女子会。シャンパン、ワイン、日本酒、お酒も大好きです。

たくさんのデュプロマが好奇心と努力の証。お菓子作りと香道はずっと続けたい。

トアロードにあるセレクトショップ「JIGSAW」で、コーディネートをアドバイスしています。